上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだまだ続きますよ~。


そして、ここにきて、なんと、お洋服ではなく、

デコ弁!

デコ弁(笑)


いえね、初めて作ったもんでね。

で、娘にもとっても好評だったので、これはもうキロクとして残そうかと。

2014-14.jpg

うはは。

そんなすごいわけでも素敵なわけでもないこの微妙な弁当!!!笑

いいのです。キロクキロク。

しかもね、目覚ましが鳴らなくて寝坊して、30分もない時間で作ったのでね、

色々とね、イビツなんですがね、いいのですよ。


uu*にはもうね、ビックリするくらいの大好評でしてね。

それはもう嬉しいもんですね。



さぁ、初デコ弁と言う事で。


オワリ!







スポンサーサイト
娘、これまた楽しそうに毎日園に通っております。

最初の3日間は半日保育なのですが、

「園に慣れる為」の半日なのですが・・・

毎日降園時には、

「もうかえるの~?」
「もっとあそびたい~」
「いまからなにしてあそぶの~」
「どこいくの~」

と、半日では遊び足りない様子。

先生方には
「最初のうちは疲れて家に着くとすぐ寝ちゃうだろうから、慣れるまではね~」

なんて言われていたのですが。

なんのなんの。

普通に午後も児童館やら色々遊びに行って、めいいっぱい遊んで帰っても、

そんなに就寝時間が早くなる事もなく・・・

ちゃんと毎日通えるかしら?とか、
「ママがいないとさみしい~」とか、
「ママといっしょがいい~」とか、

言われちゃうかも?言われちゃうかも??

と心配していたのが全くの無駄でした。

今日なんて、uu*の後に登園したお友達に
「年中の男の子と一緒に楽しそうに遊んでたよ~」
と、2人から連絡をもらいまして。


えぇ、堪能しているようで、良かった良かった。

やっぱりもう手を離れる歳だったって事でしょうか。

子ども同士でたんまり遊んで下さい。

というか、もうね、半日保育いらないんですけど~(>_<)


というか、園での遊びが楽しくて仕方ないらしく、

降園後の私との遊びがどうもつまらないというか物足りないというか・・・汗

私との2人遊びは不満そうです(笑)

まぁそんなにも楽しいのならば良かった良かった。


このままずっとこうやって楽しそうに通ってくれるといいな。


というか、半日って、本当にあっという間で。

娘がいないうちにやりたい事が山のようにあるのに、全くはかどっておりません。


一日見てもらえるようになったらはかどるのか?とも考えますが、

やりたい事が多すぎてもうね、何から手を付けていいのやら。

というか、働けよ、という感じですね。

なので、家の事とか落ち着いたら大手を振って社会復帰したいな、と。

っていうかできるのか????

まぁでもとりあえず旦那さんに「毎日何してるの?」と言われないくらいには頑張らなくちゃというのがけっこうなプレッシャーでして。

だってさ、家事関係の事ってやってる事が目に見えづらいというか、、、、

昨日なんて洗濯機を4回も回したけどそんなの知らないっしょ?

クローゼットの中を片付けたって気付かないっしょ???

とかね。

あぁぁぁぁ、、、時間が足りません(>_<)

娘がいないのに時間が全然足りません(>_<)

というか、降園後の遊び方が今までとは随分と異なり、疲れます・・・

そして、他ごとが今まで以上に出来なくなったのは何故??

何故~???


さぁ、もうちょっとで帰ってくるからそれまでに何かしなくっちゃ(笑)



今回はハンドメイドネタではありません。

娘に関する、完全なる私の独り言です。




最近お歌が大好きな娘。

あんぱんまんの歌や童謡や色々な歌を歌っております。

(まぁどうでもいいのですが、なんで子どもって大声で叫ぶように歌うんですかね。。。)


楽しそうに一人歌っている娘と時々目が合います。

で。目が合うと、「にやっ」と照れるように笑い、歌うのをやめてしまいます。

更に、一緒に歌おうとすると

「まま、うたっちゃだめーーーっ!uu*ちゃんが一人で歌うの~っ!」

と、お叱りを受けます。

一緒に歌うとより楽しかろうに、と思っての事ですが、どうも娘には余計なお世話なようです。


で、私は彼女の歌う「大きな栗の木の下で」がとても好きなのです。

 あ~なぁたぁとぉわ~た~しぃ~♪

を、彼女が歌うと・・・
 
 あ~なととぉとぉわ~た~しぃ~♪

に、なるのです。これがもう毎回毎回可笑しくて!

どんなけ「とととと」言うんかい!!と。
あぁ、いけない、ちゃんと言えるようになる前に動画で残しておかないと!!
↑ちゃんと喋れるようには直さない。適当なこの親。

あと、仮面ライダーの事を「かめらいらいだー」とか。

本人、舌ったらずに一生懸命言っているのがもう堪らなく可愛い!!

でも、娘は3歳。

人によっては、もうハキハキ普通に喋れる子もいるんですよね~。

ばーちゃんに何を言っているか聞き返されながら、何度も何度も叫びながら伝えてる姿は可愛いけれど、ちょっと不憫に思えてくる時もある・・・。

まぁそんな事もあっという間に過去の話になっていってしまうのだろうけど。


でも先日行った、三重県にあるのに何故か「名古屋」なあんぱんまんミュージアム。

この「あんぱんまんみゅーじあむ」は普通に言える・・・

子どもには、英語だとかそういう概念は全くないんだなぁ、、、としみじみ思ってしまった一コマでした。

この、抵抗感なしにありのままに受け入れられるこの柔軟さに、この歳で外国語習得をさせる人の気持ちがちょっと分かりましたよ。

あ、あんぱんまんミュージアム、楽しかったですよ。

大好きなしょくぱんマンにハグしてもらって満更でもなさそうでした(笑)

px4.png
で、ハグ写真ではないという(汗)

あ、相変わらずのそそっかしさでカメラを忘れ(おバカ・・・泣)、携帯写真です。

あんぱんまんハグ写真は旦那携帯で撮ったので、私の元にはありませぬ。。。
旦那よ、早く送っておくれ~!


でも子どもって不思議なもので、そんな夢の国に行っているのに、

あんぱんまん要素のない、階段を上下して走り回ったり、
あんぱんまん要素のない、支柱が沢山立っている所をくるくる回ったり、
もうずっと楽しそうに走り回ってました。

そこ、あんぱんまん、一切関係ないんですけど・・・と思う私。。。

あれですかね、あんぱんまんがいる場所って事で、テンションが上がってて、何をしても楽しい、という事なんでしょうか。

まぁ、子どもが楽しそうにはしゃいでる姿を見ると、もうただ単純に、来て良かったな、と思いますね。



あ、そうそう。最近ちょっと嬉しい事がありました。

うちの娘、お絵描きをすると・・・

ただただ殴り書きます。

そして、最近は一心不乱に数字を書いています。

先日までは「1」だったのですが、最近は「2」がマイブームの様子。

「2」を書いては見せに来ます。更に、反転した「2」を書いては これはアヒルだと強調してきます。

いいのですよ、いいのです。好きに書くがよい!


で、人の顔などは一切描きません。

目を描くのは好きなようですが、目しか描きません。

子どもの目に、色々な物はどう映っているのか、不安に思う一瞬です。

先日旦那に「絵、教えてあげなよ」と言われまして。

あ、私、一応学生時代(小・中・高)絵画コンクール的なものは常に入賞してきた人なので、そこそこ描ける方だと思います、ハイ。 あ、別に全然そんな上手くないんですがね。

でもね、今からそんな通り一辺倒な感じの、枠にハマッた画を書かせても、それはどうかな、と思うので、

今は好きに描くが良い!

と、言い訳をしながら放任中です。

あ、そんな絵心のない娘なのですが、、、

この間、お花を上手に描いていました♪

思わず日付を入れて写真を撮ってしまいました(^・^)

px3.png

何のお花か聞いたところ、「たんぽぽ」だと答えたので、メモっておきました。

でもこれって、私が娘に描いてあげているお花をきっと彼女なりに描いたんだろうなぁ、と思ったのです。

あれ、でもたんぽぽ描いた事ないや。

真似もいいけれど、今はまだ彼女が見て思って、描きたいように描くのがいいんじゃないかな、と思うので、やっぱり放任でいこうかな、と思っています。


あぁ、完全に、子どもの成長メモになってしまいました(汗)


あとはね、数字を言うのですが、18と28と38という「8」の所がどうしても抜けてしまうのと、

39まで行くとなぜか次は20に戻るとか(笑)

あ、ちなみに「8」が抜けているのも特に指摘しない私。

ダメ親ですが、いいのです。

「できない」事に激しく抵抗感を感じる娘。

「できない」と思った瞬間に全て放り投げてしまうので、、もうちょっと忍耐力がつくまで放置です。

っていうか、何も働きかけないで忍耐力がつくのかどうか・・・つくといいな。。。


放置です。

あ、間違った。

自主性をオモンパカッテおります、はい。 よしよし。



こんなとりとめのない話、いつか懐かしく読み返す時が来るのかしら・・・




はい、先日、いえ、先々週、あれもう先々々週?(なんていうの?)に七五三に行ってきました。

事前に写真は撮り終えており、お宮参りだけしてきました。

いやぁ、人が多くてびっくりですよ。

近くの行き慣れた神社だったのですが、

年末年始はさておき、この神社にこんなに人が集まるとは・・・ビックリです。

というか、やっぱり七五三ってすごい行事なんだなぁ、と改めて思いました。


で、で、

当日の娘の着るものをどうしようかな、、、と。。。

写真スタジオでの「お出かけパック」なるものを利用しようとしていたのですが、

土日の日柄のいい時の利用だと衣装代だけで2万程かかるというではないですか!!

しかも化粧も頭もしてくれるとは言いますが、付け毛や髪飾り的なものはレンタルはなく、すべてこちらで用意が必要との事!!

2万もするのにっ!?

しかもただでさえ写真を撮って4万近く払っているのに???(←フォトブックを作ってしまいましたからね・汗)

なんだかなぁ、、、と思い、「お出かけパック」を保留し考える事数週間。

↑私の要領の悪さはこういう所からくるのですよ。さっさと決めてしまえばいい事をいつもいつも後回しにしてしまう。で、ずーーーっとその決めていない事を気にしていなくてはいけなくて、それでも結局決められずじまい。で、負担だけがただただ増えていくという・・・


最終的には産まれた時のお宮参りに使った被り着物があったので、それを使う事に。

で、髪飾りと被布だけ買いました。

で、この着物、もちろん被り用なので、ちゃんと着られるようにしなくては・・・

という事で、和裁をしていた叔母に肩上げ腰上げの仕方を教えてもらい、

夜中に一人ちくちくと・・・


いえね、叔母が着物を仕立てている所は小さい頃から何度も見ていたのですが、、、

着物のあの粗い目の簡単にやっているような縫い方があんなにムズカシイとは・・・

私がやるとちゃんと直線にならずに、縫い目があっちこっちにいっちゃうし、

もちろん等間隔じゃないし。

等間隔というか、長いの2回、短いの2回っていうのを均等にするのが難しくて。。。(って、全然分からない説明ですよね。。。)

見てる時には簡単にやっているように見えたのですが、、、やっぱりそれは熟練の技なんでしょうね。。。


いつも叔母が仕立てている時に、その姿がキレイだなぁと見ていました。

縫っていく手つきも無駄がなく美しい。。。


で、今回、肩上げ腰上げの仕方を教わっている時に思った事。

『布を掬う』ってこういうことか!! と。

待ち針を打つ時に、本当に掬うように打たれるのですよ。

スサッ、ピシッ!! みたいな。

↑ 全然分からない説明ですね・・・苦笑

よく本などに針を刺す説明の所に『布を掬う』と書いてありますよね。
実はその意味は全く理解していなかったのです。
掬うって何?!と。

でも今回、知りました。自分がやるとなって初めて気付きました。

叔母は確かに布を掬っておりました!!

叔母はもう高齢という事で和裁の仕事は引退しているのですが、

今回教えてもらってまじまじと見たその所作はやっぱり美しく、惚れ惚れしてしまいました。



そしてまた、正絹、この魅力に取りつかれてしまいそうです。

実は今回、お宮参りに使った着物を仕立てようと思った理由がここにあって。

写真スタジオの着物も他のレンタルの着物も見に行ったのですが、どれもデザイン重視のポリエステルばかり。

いえ、いいのですよ、可愛いですし。写真もそれで撮ったし。

でもね、やっぱり手に取って比べてしまうと正絹との違いは一目瞭然。

確かに正絹の着物で今風のものってないのですが、それでもやっぱりあの手触りというか、なめらかさというか、それを目の当たりにしてしまうと、せっかく着せるのだから正絹がいいな、と。

あ、違うか。
せっかく正絹の着物があるのにそれを使わないのは勿体ないな、と。

やっぱり娘がまだ小さいと言っても「本物」に触れさせてあげたいな、と。

そんなこんなでわざわざ仕立てる事にしたのでした。


はい。せっかくなので、記録に before
pz8.jpg


で、夜中に頑張った素人の after
px1.jpg
もっさくなっております・汗

いやぁ、やっぱり手縫いって苦手だわぁ!!
(いえ、ミシンだって得意ではないですが)


と、思いながらも

夜中にひっそりと頑張って縫っていると、その正絹の手触りがやっぱり気持ちいいんですよね。

pz9.jpg

乾燥した手にちょっとひっかかってくる繊細な感じがもうたまりませんっ

この絹の艶っぽさもたまらなく美しい!!


そんな美しさを感じながら、ひと針ひと針 布を掬っていく。いえ、実際に私は掬えてはいないのですが。。。


叔母が美しく仕立てているその姿の手元にはやっぱり美しい正絹の着物があって。

「掬っている」その布は正絹の滑らかな美しい生地だったのです。

で、縫いながら、正絹の生地の美しさに本当に魅了されてしまったのですよ。

やっぱり私の縫い目はガタガタだったんですが、それでも触っていてとても幸せだったのですよ。

本当に「虜になる」というのはこういう事なんですね。

はぁぁぁ! 着物っていいなっ!! と。


私、元々着物は好きで。

成人式に仕立てた着物もお気に入りで機会があるごとに着ていました。

娘の誕生のお宮参りも着物を着ました。

今回もできれば着物を着たかったのですが、、、、

娘さんの事が心配で、自分にまで手が回りませんでした・汗

(いえね、絶対歩かない自信があったし、2人で着物を着て行ってしまったら、しっちゃかめっちゃかになるのは目に見えていましたからね、、、。実際半分抱っこだったし。。。)


でもほんと、着物って素敵な生地で素敵な文化です。

いえ、これ以上ハンドメイドの布以外のものにまで興味を持つと我が家は破産してしまうので、ちょっと着物にまで手は出せないのですが。。。

それでもやっぱりずっと手にしていられたらいいな、と思うモノでありました。


さぁ、恥ずかしながらの家族写真でございます。

出かける直前の朝の一枚。

怒涛の勢いで撮った一枚。

記念の一枚ですね。

px2.png

あははーーー☆

やっぱり両親は手だけくらいでちょうどいいか(笑)


でも、七五三、やって良かったです。

三歳って本当にいろいろと成長著しく、ちょっと前にしていた事と今している事も全然違って、

それまで全くできなかった事を、いままでさもできていたかのようにやってのけてしまう事もあって。

そいうのが本当にいくつもいくつもあって、もうちょっと前にしていた事なんて思い出せないくらいになっちゃって。

すごいなぁ、と 淋しいなぁ が入り混じってて。

そういう記念が三歳っていいな、と。

洗濯物を普通にキレイに畳んで「おてつだい~☆ はいどうぞ」、と渡されたり、

ちょっとうとうとしていると、普段は貸してくれないお気に入りの毛布を持ってきて掛けてくれたり。
「きもちいいでしょー、ままにかしてあげる。つかっていいよ」と。

お菓子やフルーツの最後の一コを「はんぶんこしよーね」とくれたり。

それでもまだまだ甘えっ子で「ままにちゅーしたいーーっっ」と号泣されたり、、、、w

パチンと両手を打って「そうだ、おもいついた!」とやるその仕草だったりが、

もうね、可愛くてたまりませんっ!!


テレビを見ながら何かしら一生懸命真似しているその姿とかね、

可愛いなぁ♪


はい、単なる親バカです。

が、我が子の事なので、親バカで結構♪

親がバカにならずに誰がなる!という勢いで。

いつまでこんな風に溺愛できるのかなぁ、、、とも思いながら。

一日何回も「ままだいすき」とチュッとしてくれるその行為もいつまでしてくれることやら。


まだまだ私のオチビチャンでいてね(^・^)



先日のカウプレにはいつも仲良くして下さる方はもちろん、

はじめましての方も想像以上に(もっと少ないと思ってました・汗)応募?して下さって、

とても嬉しいです。

リコメがまだなんですが、まずはこの場を借りて、ありがとうございます♪

サイズが2サイズ限定だし、私の作ったものだし、正直応募して下さる方はもっともっと少ないと思っていたので、ほんとにとっても嬉しいです(>_<)

ありがとうございます♪


応募締め切りが月曜日までなので、もしまだの方で応募したいな、という方がいらしゃったら遠慮なくどうぞ♪





----------------------------------------------------------------




最近のブログ更新が週一となり、サボり気味なのですが、作ってはいます。

縫い縫い記録が実は全く追いついていないのですが、

着画も撮ってないし、画像取り込みもまだできていないので、

別の事でも記録しようかな、と。



娘、三歳と5ヶ月。

女の子だからかとても口が達者。

先日も同学年の集りで、私と娘の会話を隣で聞いていた男の子のお母さんに

「もうそんな事がしゃべれるんだ!?」

と、ビックリされましたが。。。。

そうなんですよね、女の子ってしゃべるの早いですよね。

そして女の子の言う事ってスゴイですよね。

もうその時の会話がどんなのだったかは忘れてしまったのですが。


これから書こうと思うのは昨日の出来事。

昨日、私は散髪に行って来まして・・・

で、その帰り道、娘に

「ママかわいくない~。きのうのがよかった~。」

と。

え~??? 可愛くない?? 私気に入ってるんだけどな~。と。

髪を短くしたのが敗因の様子。娘は長い髪が女の子っぽくて好きらしい。


で、帰って来た旦那に、娘がいる目の前で、娘に可愛くないって言われた~と言ったところ、

「ママかわいくない。かおはかわいいけどね。」と。

なぬっ!?

どこでそんなオベッカを覚えてきたのだ???

もうね、旦那と失笑ですよ。


もともと、旦那に「ママのばか~」と言われて、娘に同じ言葉を促すと「ママばかじゃない~。パパがばかー。」と言ってくれる娘ではあったのですが。。。

(それにしてもなんつー会話だ・汗)


色々考えてしゃべるようになったなぁ、とは思っていたのですが、

言われると悲しい事とか嫌な事とか

そういう事がちゃんと理解できて、

そして更には、誰にゴマをすっていけばいいのか、という事をちゃんと理解している(笑)



昔言われた事があるんです。

「子どもは母親からご飯がもらえるのをちゃんと分かってるから、絶対母親につくよ。誰について行けば生きて行けるか(食べていけるか)をちゃんと理解してるんだよ。」と。

ほほ~ぅ、正にその通り。


愛ももちろんあるとは思いますが、愛とは別なんですねぇ。。。





愛と言えば。

あまのじゃくなこの娘。

夜寝るときに旦那がまだ帰って来ていないと、

「おとうさんはぁ?? おとうさんいないとさびしいよぉ~」と言って泣きます。

可愛いです。ぜひとも旦那に聞かせてあげたい。

のですが、

いざ旦那がいると、

寝る時に旦那も横に並んで寝ようとすると

「じゃま~。こっちだめ~。あっちいって!!」と、正に足げにします。

蹴りまくります。

旦那がいない時にはしおらしく可愛らしい事ばかり言う娘ですが、

いざ旦那を前にすると、結構キツイ言葉ばかり浴びせかけます。

実際見ていると時々可愛そうになるくらいです(笑)

旦那に対しては恥ずかしがりや、って事にでもしておきましょうか。。。

でも旦那が帰ってくると、まずは駐車場に居る旦那に向かって窓から「おかえり~!!」と叫び、

玄関を入ってくるなり飛びついて「おかえりっ!!」と熱い抱擁を交わしております。

また、朝の出勤時にも玄関先でほっぺにチューをして「いってらっしゃい」をしております。

ちゃんと大好きなんですけどね~。

お笑いの要素をちゃんと分かっているのか、ここぞという時には満面の笑みで邪険にしております。


でも、今はともかく、成長した時にちゃんと「おとうさんのことは大好き」と言える子になって欲しいな、と思っています。

そうであるからには、旦那に清潔な人で居てもらわなくてはっ!!


自分はずっとファザコンだったので、色々考えていくと、、、

しつけに関してはすごく厳しい人だったと思います。

ご飯を食べる時の姿勢とか箸の持ち方とか。あとは生活態度とか。

でもそういった事以外では、私の事を溺愛してくれていたし、誰よりも私の味方でいてくれたし、基本全肯定してくれていたし(私、反抗期も特になかった?し?ほんと悪い事してませんから・笑)
あ、私親の事が大好きだったので、そういう自分でいたのかも知れないのですがね。。。


そんな私、父に否定された事が過去に2回。

中学生の時だったかな。何かの時に母に「お母さんのバカ!!」と言ったら父から平手打ちくらいました。
幼少時を除いて叩かれた記憶はこれ一回。

あとは、いつぞやの免許書き換えの時の写真を見せた時に「ひどくない?」と聞いたら笑われて「ヒドイ顔だね」と。

私が否定されたのは記憶にある限りこの2回です。

後は何を相談しても聞いてもよっぽど反していない限りは基本肯定してくれる父でした。

はい、幸せに育ったと思います。


え~と、父の命日が近づいてきて、ちょっとセンシティブに思い出に浸ってしまいました(笑)


そうそう。父への愛情について。

で、その父がずっと好きでいられた理由の一つに、父が清潔であったというのが間違いなくあるな、と。

キレイ好きだったから、臭いとかはなかったし、

ベット以外でゴロゴロしてるのも見た事なかったし、

一緒にいて気持ちのいい人である事は間違いなかったです。

あ、タバコも吸ってなかったし。(ここ、私には重要です。←個人の嗜好の問題なので、他の人の否定はしません。我が旦那のタバコは全否定しますがw)

でも、反抗期とかに父を思う娘にとっては清潔感って大事なんじゃないかな、と。

なので、娘から父への愛情って、父から娘への愛とは別な所にもあるんじゃないかな、と。


色々な理由があるとは思いますが、

「お父さん大好き」と堂々と言える子に育って欲しいと思います。

あ、もちろんお母さんの事も好きでいてね???

まぁね、ここが目標なのではなく、こういう結果であるといいな、という話でした。


親の鏡には到底なれないだろうけど(なるように頑張れよ)、

恥ずかしくない自分でありたいな、と思います。

その割にぐうたらしちゃってますが。。。反省(>_<)。。。





プロフィール

ku*riri

Author:ku*riri
2010年産まれの娘のuu*と旦那の三人家族。日ごと娘服をハンドメイドしています。
メンドクサガリなハズなのに
ハンドメイドがたまらなく楽しいです(笑)

お越しいただきましてありがとうございます♪お気軽にコメント頂けると嬉しいです☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お越しいただきありがとうございます♪
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。