スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシンの修理の事と、ニットを縫う糸の事☆

最近の気象の変化、スゴイですね。。。

こちらの方の先日の豪雨、凄まじかったです。

(でも諏訪湖の花火の時もこんな感じだったなぁ。。。むしろ強風が吹いていた分、花火の時の方がひどかったような・・・。

屋内にいた先日と、娘を抱いて野外にいた花火の時とは心情も全く違うんだろうけども、ね。)

そうしてどんどん寒くなっていくのでしょうか。

というか、暑いか寒いかどっちかってどうよ??と思う私。

もうちょっと「涼しくて過ごしやすい」と言いやすい気候があって良いと思うの。

だって、ここは日本で秋があるんだから!!

って言いながら、そのうちこの舌で「秋って素敵」とか言ってそうだわ、私^^;



さぁ。

表題の件。

ミシン、修理に出しました。

うちにはミシンが2台あって、
縫えない程の不具合は全くなかったのですが、

なんせ一つは足踏み、
一つはおじいちゃんの代からのモーター物の年代物でして・・・

で、私はまったく不勉強で無知なのでメンテなんてできず、、

足踏みミシンの方がどうしても目トビしてしまうのと、
ちょこっとずつの不便さがあり、

「これってたぶん違うよねぇ? どうやって使うんだろう」というような色々もあり、
メンテして、あばよくば良く分かってない事を教えてもらおう!!

という若干のヨコシマな気持ちもあって。。。

あ、あとね、最近縫いモチ下がってきてるからね、ちょうどいいかな、って。


oe7.jpg

画像暗いですが、こんなのです。

とにかく古い足踏みミシン。
でも私が小中学生の時に使っていた思い出のミシン。

そんなこんなで、通りがかりに見つけた近所?の古い感じのミシン屋さんに飛び込みで行って、
修理の依頼をしてみたのです。

そのミシン屋さんには古い型のミシンも置いてあって、
なんとなく全く不安もなく修理の依頼をしちゃいました。


したらば。字を書くのもおぼつか無いおばあちゃんが対応してくれ、
孫がいるという腰の若干曲がりかけたおじいちゃんがお家までミシンを見に来てくれました。


ら、このおじいちゃん、私でも開けられなかった固く締まったボルトをサクサク開け、(開いてないといけないボルトだったらしい・・・汗)

色んな所をひょいひょい直して下さいました。

あぁ、やっぱり不具合が沢山あったのね(>_<)。。。


ただ、足踏みミシンの方は、下糸のカマが歪んでいるという事で、ヘッドを取ってお持ち帰られ(ごっつ重いです)

翌日見事に直して、更に心なしかキレイに磨かれお持ち下さいました。

ら、

ら!!

流石ですね、見事にキレイに縫えるじゃありませんか。


で、そのおじいちゃんには、

「いじりすぎだねぇ。ミシンの事を分からない人がこんなにめちゃくちゃに触っちゃいけないよ」と。。。

あい、スミマセン。
天国にいるであろう父に伝えておきます。

で、父が赤で印をつけておいた油を注す穴の赤色がより目立つようになっており・・・


どうもミシン屋さんが赤印の意味を理解して追加で印をしてくれたみたいです。
「時々油を注すといいよ。一滴だけね。」と。
同じように赤印をしてくれたミシン屋さんにちょっとほのぼの笑ってしまいました。


結局、
カマの歪みを直し。
無くなっていた糸立ての棒が取り付けられ、
緩んでいたボルトを締め、
これまた緩くなっていた皮ベルトを張り直し、
きつく締まって動かなかった手駒が動くようになり、
押さえの上げ下げする足のレバーがスムーズに動くようになり・・・

他にも私の知らない機能をしっかり教えて下さいました。

ありがたや~。


その中のすっごく嬉しかった事が、、、

足踏みじゃない方のミシン、普通に縫いながら下糸が巻ける事が判明!!

まじで!? まじで!?

今まで作業を止めて、下糸巻くのが苦痛で苦痛で。
いや~ん、もう最高ッス!!


さて。
長々と全く人の役に立たない事を書き連ねてしまいました。。。
(いえ、いつだって人の役に立つ事なんて書いてないのですがね・・・)



ではここから。

ミシン屋さんのおじいちゃんから教えてもらったマメ知識 ?

「ニットはスパンで縫いましょう」 だそうです。

上糸スパン、下糸ウーリー、だそうで。


で、このニット縫製って諸説ありますよね。。。

スパンという話もあれば、ニットには必ずレジロンを! という記載があったり、、、

実際自分で何を信じて何を選ぶか、という事なんですが、、、

今回は私的に納得した事があります。

「レジロンで縫っていると熱で糸が溶けて糸切れする事があるよ、と。
もし、レジロンで縫うなら、針に糸を絡ませなくちゃ、と。」

一応画像載せてみます。

oe5.jpg
(なんかこれだけやたら画像がキレイだわ~・笑)

針に糸をネジって絡ませてあります。

こうする事で、糸がたわまなくなるので、引っ張られる時に糸が熱を帯びず、熱による糸切れはなくなるとの事。

へぇぇ。

勉強になりました。



で、家まで来て(車で15分程の距離ですが)、2台見てもらって直してもらって、、、


なんとっ


お値段 一万円っ!!

一万円っ!!

ありがたや~。


あまりに親切で嬉しくて、ボタンホーラーを購入してしまいました。

え? いやぁ、、、初日にボタンホーラーの話をしてたら翌日ミシンと一緒に持って来て下さったのですよ~。

でね。この素敵なおじいちゃんから買っちゃおうかなぁ、、なぁんてね♪ 

oe8.jpg

コレです。

コレ、7600円。

ネットで調べてもみましたが、高くもなく普通のお値段。

ただ、、、大きさ違いの型板駒も一つ購入したのですが、、、

そちらは最初600円と言われていたのに、明細には1200円、と。

え?一つ1200円???
ネットで400円台で買えますけど・・・???

おじいちゃん、安かったり高かったり、、、
色々値段設定間違ってないですか???笑

まぁでもいっか。と思えるくらいの人の良いおじいちゃんでした。


ほんとうにありがとう!!
またお世話になります!
長生きしてね!! ←こう言ったら「息子も兼業だけどやってるから大丈夫だよ」と言われてしまいました(笑)



さぁ。長々と書いてしまいましたがまだまだ続きますよ~。

と思いましたがあまりに長くなってしまったので、また次回に持ち越します(ーー;)

自分の文章力とまとめる力のなさに完敗。。。


さぁ。

ボタンホールのいるお洋服でも作るかな。

いや、避けてきたからそんなパターンもないな。

うん、当分持ち腐れよう!!

またか・・・



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ふふ起きてた〜そして私もまだ起きてるw
ほんとこの前の雨はすごかったね
でちょっと涼しくなった気もするけど今日は蒸し暑いし
まあ少しずつ涼しく寒くなっていくのかなぁ
短い秋を楽しみたいよね^^
ミシンの話、興味津々!
うちの義母が電動なんだけど机付きの古いミシンを持っててね
何かが壊れて修理に出そうとしたら金型から作らなきゃいけなくて結構なお値段
そしてこれから他にも修理が必要になってももう部品がないから新しいの買った方がいいと言われたらしく泣く泣く新調したんだって
という話を聞いていたのでku*ririちゃんのミシン屋さん感動!
ミシン屋さんに限らず町の◯◯屋さんっていいよね
確かにお値段は??と思う時もあるけどアフターサービスもご近所感覚でやってくれたりして信頼できるというか
いいミシン屋さんに出会えて良かったね^^
そして直って良かった〜これで縫いモチ上がるね♪
ハリに糸を絡ませるの見たことある!
というかそう言えば最初の頃やってたかも
なのにすっかり忘れていたよ…
明日からやってみるっ!おじいちゃんありがとう^^
ついにボタンホールも作れるのね!
とりあえず布帛でパジャマとかどう?←私が作りたいw
3歳くらいの子ってボタンに興味持ち始めるよね
せっかくだからボタンのあるパジャマを作ってあげたいんだけど
どうも楽な方に逃げてしまって手がつけられない私w
練習にどうかしら〜
まだまだ続くのね〜楽しみ♪

はじめましてです。

普段コメントってあまりしないのですが、
素敵な話だなぁと思ったので。
日本のものを大切にする文化というか、職人技というか、素敵ですね〜。そこで買いたくなる気持ち分かります(笑)朝からほっこりしました。

はじめまして

はじめてコメントさせていただきます(^^)

とってもいいお話ですね。

思い出の沢山つまったミシン、素敵ですね!!また使えるようになって良かったです。

しかも、二台で一万円!!羨ましいです~
おじいさん、ご近所ならぜひお願いしたいです!!
駒の値段設定、笑っちゃいました(笑)

No title

わ~、ホンマに年季モノのミシンだね~!
でも机つきのミシンって広いから縫いやすそう!
オカンの今のミシン場所は、コンセントの関係で机の左端やねん。
そうすると布が机から落ちちゃって持ってかれるんだよね。
常にコッチへコッチへ引張り気味な感じに縫ってるねん。

そんなヨボヨボそうなおじいちゃんやのにプロなんだね~。

そしてレジロンは絡ませるのか!!
コレ、絡んじゃいけないんだと思って
絡んでたら解いてた・笑
うんうん、確かにたるみやすいもんね、レジロン。
そうか~。
ってかその前に、スパンとウーリー。
コレも聞いたことある。
ニットを縫う時の諸説は、ホンマ色々あるよね。

でもオカンもそのおじいちゃんを信じたくなった!
ただ残念なコトに同色で持ってるバリエーションが少ないけど。
紺と黄色、ショッキングピンク。
ウーリーってさ、ポイントにしようと思って買った色だから派手なんだわ~・汗
とりあえず次紺色で縫う時はスパンウーリーにしてみよう。

近場にそんなミシン屋さんがあるの、いいね~。
オカンも最近ロックの音が大きくなった気がするから
誰かに見てもらいたいんだけど
一体どこに出したらいいのやら、で。

これからボタン付きのお洋服も見られるのね~♪
まずは1つ穴から?

No title

足踏みミシンすごーい!大事に使ってるんだねぇ(^^)
逆にアナログだからメンテすれば長く使えるのかな?

糸の話私も前々から疑問に思ってたんだよね。
ミシン屋さんに電話したらレジロン縫い目綺麗じゃないから、スパンでいいと私も言われて。。。
私もスパンとーウーリー試してみよう!
ためになる&ほっこりする話ありがと!!

→meimei*ちゃん

おこんばんは☆
今日もまだ起きてるかな??
最近のmeimei*ちゃんは夜更かし組でお仲間だねぇ♪

meimei*ちゃんちの実家のミシン・・・そっかぁ、残念だったね。。。
なんかね、今回のミシン屋さんは、おばあちゃん?に依頼の話をした時におおよその金額とか直せますか的な事を聞いたときには、「コンピューターミシンは難しいし高くなるけど、それじゃなかったら大丈夫。安いもんだよ~」と言われててね(ほんとに安かったし)、それはもう完全に直る前程の話だったんだ~。
故障個所にもよるのかもしれないんだけど、直せるかどうかはミシン屋さん次第なのかも知れないのかも、と思った。
お母さんのミシンが机付きってことは恐らくコンピューターミシンって事はないだろうし・・・
なんかそう思うと、今回のミシン屋さんには本当に感謝だし、meimei*ちゃんとこのお話は本当に切ないなぁ、と。古いものってさ、思い入れも思い出もあるし、使い慣れたものって余計手放したくないんだよね。
そう思うと、私は本当に素敵な町の○○屋さんに出逢えたなぁと思う。
「もう直らないから新しいのを」なんて言われちゃったら本当に泣いてしまう(>_<)。。。
感謝感謝だよ~。

針に糸を絡ませるの知ってたんだ!スゴい!!
ってか、やってたんだ(笑)
でも今はやってないって事はどちらでもあんまり不具合はなかったって事かな?
なんかさ、情報社会と云えども、本当に知らない事っていっぱいあるよね。何が一番なのかも分からないしさ。
人によって言う事も様々だしね。
でも今回はそのおじいちゃんを信じてみようと思ってね(笑)
私は今まで普通に針に糸を通してレジロンで縫ってたんだけど、確かに縫い目はスパンで布帛を縫う時みたいに安定はしてなかったんだよね~。レジロンが伸びる糸だからかなぁなんて深く考えもしてなかったんだけど。
でもレジロンいらないなら糸の種類減るし丁度いいかも、とかね、自分に都合よく考えちゃった(爆)

そしてついに入手しましたボタンホール!!
でもほんと、最後のボタンホールで一着失敗する可能性を考えると、パジャマスタート良いねぇ♪
既製品のパジャマのボタンって小さいからちょっと大きめのボタンをつけてあげたいなぁと思ってたところだったんだよね。
ってか、駒が二つしかまだないから1,8㎜までのボタン用の穴しか開けられないんだけども(笑)

よし!縫いモチ上がってきたし、作るぞーーーっ!!
 
あ、ちなみに文中の言葉が足らず、ミシンの話は今回で終結なのでした・汗
続くのは全く別の話題なのですヨ。。。トホホ、、、

→pollieさん☆

はじめまして~
コメントありがとうございます♪
さっき、pollieさんのブログへ伺ってきたのですが、なんかお名前が見覚えあるなぁと思っていたら前にお邪魔した事ありました!
cocoちゃんが娘のuu*と同学年で勝手に親近感を♪
そしてあのラトビア福袋、私も全く同じな人でした(笑)←違う中身の人がいるのかと探して見ていたのです。ほとんどみんな同じセットだったみたいですよね。

今回のこのミシン屋さん、
本当にこの出逢いに感謝したいくらい素敵な方でした~。ほんと職人さんです。
このミシン屋さんが言われたのですが、「最近はミシンをきちんと直せる人がいなくってね、色んな所に直しに行くんだよ。直せてもきちんと直さないからすぐまた壊れたりびっくりするくらい高い金額だったりするしね。」と、ほんとに自分のしている仕事に誇りを持ってる感じがとっても素敵でした。
古いものを当たり前に直してくれるこの職人技も、その心意気も、全部素敵で、このおじいさんに惚れてしまいましたよ~(>_<)

こういう方に出逢えた事が何よりもありがたいし、言葉の一つにも重みがあって、おじいさんの言葉を信じようと思いました♪
で、ついボタンホーラーを(笑)

こんなブログですがぜひまた遊びに来て下さい♪

→takachiさん☆

はじめまして~☆
コメント下さってありがとうございます♪
今回この古いミシンの話を書いて、こうやってコメント頂いて・・・。実は私はそれがとっても嬉しいのです。
こうやって「素敵なお話」と言って下さるって、みんなやっぱり古き良きものを大切にしたいと思ってるんだなぁ、と。みんな同じ気持ちなんだなぁ、と。
でもなかなかそれを叶えてくれる所って見つからないんですよね。
だから今回、修理の依頼をした所がここのミシン屋さんでホントに良かったと心から思います。

ほんと、素敵なミシン屋さんで、お値段も素敵(笑)
ボルトを3個くらいイジったモーターミシンと、持ち帰ってまで色々と直して頂いた足踏みミシンの修理代金の内訳が、3千円と7千円という、この内訳も不明瞭な感じでいい感じでした(笑)
出張費なしの持ち帰って7千円って本当に破格ですよね~(>_<)
takachiさんはご近所では・・・ないのですね? 残念っ
もうね、色んな人に紹介しちゃいたいくらいの素敵なおじいちゃんだったんです!

駒の値段設定、ほんと笑えるくらいビックリですよね☆ でも買っちゃっいました(爆)

→オカンちゃん

そうなのよ~。どえらい年季モノ。
いったいいつの?という・汗
時々、ジグザグもボタンホールもカンヌキ止めもできない事が切なくなるんだけど、
でもね、構造が単純だから、私みたいなメカオンチにはちょうどいい(笑)
足踏みは電気代かからないから究極にエコだしね☆

で、やっとキレイに縫えるように直ったので、とうとうこの机の端にロックを持ち込みました~♪ビバ!
モーターの方は、離れに置いてあるからなかなか使いに行けなかったんだよね~。

そして色々広げるタチなので、机が広いと本当に助かる!!
で、生地がもってかれるの、分かる分かる。
ロックをいつも机の端っこに置いて使ってるから、生地がどんどん流れていっちゃうんだよね~。
でさ、困った事にロックのコンセントコードってやたら短くない?あんなもの?
どう頑張っても机の高さまで持ってくると端っこにしか設置できないんだよ~(>_<)
で、フットコントローラーも足元で長さギリギリという・・・

そして糸。
レジロンはねぇ、、、「レジロンで何縫うの?レジロンじゃないよ、ニットはスパンだよ。」と言われて、「ニットでレジロンはダメ?」としつこく聞いた三回目にやっと針に絡ませる話になったから、本当におじいちゃん的にはニットにレジロンはなしなんだなぁと思ったのですよ。
じゃあ巷に溢れているレジロンでは何を縫うのだ?という素朴な疑問は解消されなかったんだけども・汗

なんか諸説あり過ぎてわかんないけども、なんかこのおじいちゃんを信用しようと思ったから、これからはレジロン在庫があるもの以外はスパンとウーリーで揃えようと思ったよ。
なんか人の魅力ってすごいよね♪
でも私もウーリーって、ポイント色ばっかりかも・汗

ちなみにロック。
やっぱり定期的に油を注さなきゃいけないらしい。
で、音が大きくなったら油を注し時で、それを超えて行っちゃって動かなくなった時には買うのと同じ位の修理費用がかかるらしい。。。
でさ、油の注し方ってググると「自分でネジ外して~」ってのも引っかかってくるんだけど、そのミシン屋さん曰く、全部バラして解体して注す場所もあるらしく、素人では無理だとの事。
音が変わってきたら分かるから、そしたら油を注しに持って来て、と。
言われました。
言われましたよ???
「音が大きくなるから分かるから」と、、、言われましたよ???
でもほんと、出すとこ間違えると金額高かったり、そもそも取説に油注すの不要って書かれてるしね(>_<)
ミシン屋さん次第なのかも。。。
うちの近所のミシン屋さんを信じて出してみる??笑

ちなみにボタン付きのお洋服、、、見られるのは、、、、季節が何度か変わった頃かしら・・・?笑

→ゆきんこちゃん

足踏みミシン、すごいっしょ?笑
なんかね、単純構造だからまず壊れないし、半永久的に使えるらしいよ。素敵♪
でもね、もう片方のモーターの縫いスピードの早いヤツを使っちゃうと、足踏みのノラリクラリな感じが限られた時間の中での製作を思うと時々ちょっとストレスだったりするのよね。。。

糸ね、ほんと色々言われて分からないよね。
ゆきんこちゃんも、ミシン屋さんに問い合わせちゃうくらい気になってたんだね。
なんかレジロンって伸びるからか時々縫い目が乱れたりしない??
だから今回はおじいちゃんを信じる事に!
でもまずは今あるレジロンを使わなきゃ(>_<)
しかも色糸、めっちゃデカイの買っちゃってあるしね、何年かなくならない・・・(ーー;)

No title

すごい、すごいーっ!
本格的なミシンがku*ririちゃんちにはあるんだね!素敵~☆
そして、修理してくれたおじいちゃんも素敵!
ミシンの知識がなく、独学で好きなように縫ってきたから
あれこれ目から鱗が知識満載だったよーっ!!!

上糸スパン、下糸ウーリーって!
そういう使い方するんだーっ!
レジロンの針のかけ方にもびっくり!
そうなることがあるから、あえて直して縫ってたけど、それが正解だなんて!
早速やってみよ~っと♪

そして何よりうらやましかったのが、ku*ririちゃんの使ってるミシンが、普通に縫いながら下糸が巻けるってコト!
ひと手間省けてうらやましすぎる~!!!

→zubiちゃん

もうね、本格的、というか、ただただ古い??笑

でもまぁ単純構造はありがたいし、自分でこんなミシンはもう買えないし、で、大切には思っております。
他のミシンを使った事がないから、使い心地とか全く比較できないし。。。
でも祖父から父へという代々的な思い入れはスッゴクあるから、これからも大事に使いたい、と。
ジグザグができない~っ!とか、置くスペースがないくらいにデカすぎる~っ!とか、文句言ってちゃいけないな、と思いながら時々愚痴愚痴言ったりもしちゃうんだけどね^^;

でも、縫いながら下糸を巻ける機能、これは本当にありがたい!
教えてもらえて本当に感謝だよ~。
作業中断して下糸巻く作業ってほんと、無駄な時間的な扱いだよね。。。
(と、言いながら修理してからモーターの方のミシンはまだ使ってないから、下糸自動巻きの恩恵にはまだ預かってないという・・・)

もうほんとこのミシン屋さんのおじいちゃん、素敵だよね~。
しかも、色々サラっと言われるから、「ん?!今なんと?!」っていう。
大事な事を思わず聞き逃す(笑)
ミシン屋さんにはごく当たり前の事なんだろうけど、、、それくらい、自分のミシンに対する知識がないんだと思い知らされたんだけどね。いえ、知識があるなんて思ってもないけれども。

でもこのグダグダブログが情報として誰かの役に立てたのなら、本当に嬉しい(泣)
ほんと、知らない事だらけだよね。
しかも、色んな情報があるから、結果どれが正しいのかなんて未だ分からず・・・(-_-;)
でも、レジロンを絡ませるのはやってみて有効な気がする~。
目トビもしないし、ミシン目が安定してる気がするよ。たぶん。

zubiちゃんもやってみて~。
で、感想教えて~(>_<)
↑ すぐ人に頼ろうとする・笑
プロフィール

ku*riri

Author:ku*riri
2010年産まれの娘のuu*と旦那の三人家族。日ごと娘服をハンドメイドしています。
メンドクサガリなハズなのに
ハンドメイドがたまらなく楽しいです(笑)

お越しいただきましてありがとうございます♪お気軽にコメント頂けると嬉しいです☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
お越しいただきありがとうございます♪
フリーエリア
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。